トップページ > 沿革

70年以上の信頼、あらゆる物流ニーズにお応えして。

会社沿革
昭和18年 4月 1日昭和2年頃、通運業界は、鉄道省の公認業者と非公認業者が乱立、自由競争の状態にあった。
監督官庁である鉄道省は通運秩序確立の為、半強制的に各駅毎の合同運送会社を設立させ、一駅一店の制度が確立された。昭和16年、第2次世界大戦の勃発を契機に輸送増強の至上命令により同一経済地域の通運業者は合同することになった。当社も、この方針により栃木県の北部における業者、東北本線氏家―豊原間、東野鉄道線、東武矢板線の会社が集まり資本金50万円を以って設立した。
昭和29年 3月14日資本金200万円に増資。
昭和34年10月 1日資本金500万円に増資。
昭和35年 5月10日塩原温泉に保養所を設置。
昭和36年11月10日栃木県知事より国内旅行業の免許を受けた。
昭和37年 3月10日資本金1,000万円に増資。
昭和40年 6月 8日有限会社県北保険代理社を設立。
(現:有限会社ティ・エヌ・イーサービス)
昭和41年 4月 1日昭和自動車株式会社、氏家貨物自動車株式会社を吸収合併し宇都宮支店、塩原営業所を新設。
昭和48年 4月20日倉庫内くん蒸作業実施の為、栃木県知事より特定毒物使用者の指定を受けた。
昭和48年 4月20日宇都宮貨物ターミナル駅における、車扱、小口混載貨物及び国鉄5トンコンテナー、フレートライナー貨物の免許を受けた。(鉄道集配業)
昭和55年11月 4日西那須野支店に自家給油所設置。(現:中央事業所)
昭和57年 3月20日黒磯支店に自家給油所設置。(現:北事業所)
昭和57年10月 4日東京陸運支局長からトレーラー化による海上コンテナ輸送を日本通運(株)との業務提携設備共用の認可を受けた。
昭和58年 5月 1日大田原市より一般廃棄物収集運搬の委託を受けた。
昭和59年 1月20日宇都宮貨物ターミナル駅へ免許を取得した。(通運取扱業、通運代弁業、貨車積卸業、鉄道利用業)
平成 4年 5月16日資本金2,000万円に増設。
平成 6年 6月15日本社を那須郡西那須野町(現:那須塩原市)三区町650番地1に移転。
平成 7年 7月 1日宇都宮貨物ターミナル駅事業所を開設。
平成10年11月30日栃木県より産業廃棄物収集運搬の許可を受けた。
平成13年 4月 1日家電リサイクル4品目指定取引場所の指定を受けた。
平成18年12月18日宇都宮市より産業廃棄物収集運搬の許可を受けた。
平成18年12月20日群馬県より産業廃棄物収集運搬の許可を受けた。
平成18年12月26日長野県より産業廃棄物収集運搬の許可を受けた。
平成19年 1月 5日長野市より産業廃棄物収集運搬の許可を受けた。
平成19年 1月25日埼玉県より産業廃棄物収集運搬の許可を受けた。
平成19年 8月 6日厚生労働大臣へ特定労働者派遣事業の届出。
平成20年 2月 1日横浜市より産業廃棄物収集運搬の許可を受けた。
平成22年12月20日全日本トラック協会より安全性優良事業所(Gマーク)の認定を受けた。(中央事業所)
平成23年12月22日全日本トラック協会より安全性優良事業所(Gマーク)の認定を受けた。(北事業所)
平成25年 4月 5日太陽光発電事業を開始。
平成25年12月19日 全日本トラック協会より安全性優良事業所(Gマーク)の認定を受けた。(南事業所・宇都宮貨物ターミナル駅事業所)
平成26年12月16日 全日本トラック協会より安全性優良事業所(Gマーク)の認定を受けた。(大田原営業所)